灯種プロジェクト ネーミング

而今 - 2020.12

  • ネーミング
  • 横田孝優

灯種プロジェクト

新潟市の古町にある居酒屋「而今(じこん)」が立ち上げた新プロジェクト。自然に恵まれ、多彩な食材が得られる新潟ですが、高齢化・過疎化・環境問題など、さまざまな課題を理由にその存続が危ぶまれているものが多数存在します。而今はそんな産地を支援するために、生産活動や情報発信など多角的な活動を計画。第一弾では、上越市の旧柿崎町で栽培されるお米を後世に残していくための取り組みをスタートさせています。「灯種(ひだね)」というプロジェクト名は、地域の未来を照らすための灯りを絶やしたくないという思い、情報発信やクラウドファンディングなどを通じて新潟の食の豊かさを世界に伝えていきたいという展望を込めてネーミングしました。ちょっと気は早いですが、将来的にプロジェクトの拡大を思い描きながら「灯種米(ひだねまい)」「灯種牛(ひだねぎゅう)」「灯種味噌(ひだねみそ)」などなど、さまざまな商品名に展開しやすい名称として設計してあります(進行中のプロジェクトは、まだお米のみです)。

ちなみに、日本名水百選にも選ばれた「大出口泉水」で育てられた旧柿崎町の灯種米は、甘みの強さと香りの良さが特徴。今後はクラウドファンディングなども予定していますので、ぜひご注目ください。

ディレクション・デザイン:阿部光一朗(フレーム)

CONTACT

初回相談無料。
まずはお気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら