リゾLAB 月岡温泉インタビュー

エイエイピー - 2020.06

  • 取材・ライティング
  • 小池杏子

私たちはこうして
新型コロナショックを
乗り越えた。

インタビュイーとインタビュアーの言葉がほぼそのまま文章化された記事が好きだったりします。それはライターの仕事として楽だから、ではなくて、その場の空気が感じられるようで想像が広がるからです。だから読むのも書くのも好きなんです、インタビュー記事。
そんなわけで紹介するのは、旅館ビジネスに携わる人に多く読まれている情報サイト「リゾLAB」。そのインタビュー記事を担当しました。新型コロナウイルスによって大打撃を受けながらも、温泉街が一体となってすぐさま対策を講じ、再開直後のスタートダッシュに成功した月岡温泉。その一部始終を旅館組合の理事に振り返っていただき、ほぼノーカットで記事にしました。一連の状況を把握している広告担当の方がメインのインタビュアーを務め、私は時折質問をはさむくらい。記事作成にあたっては、目で文章を読みながらもその場にいるような、脳内で会話が聞こえてくるような「そのまま感」を目指しました。また、話を理解しやすいよう順序を多少入れ替えたり、すらすら読めるよう言葉じりを調整したり、初めて読む人でも分かりやすいよう多少の補足はしています。
約6,000字のロング記事。話し言葉のインタビューならスマホでも案外サクサク読めるかな、と思っています。

CONTACT

初回相談無料。
まずはお気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら