BLOG

2015.11.06.

自覚。

こんにちは。ザツダンの小池です。

秋のはじまりから最近まで、ぐずぐずと風邪を引いていました。

そして感じたのは、「自覚」することの大切さ。

 

すみません、唐突でした。

 

えーと、

風邪なんか引いてないっ、と自分をごまかしている間は咳も鼻もひどくなる一方で。

これはいかんと「私は風邪を引いてる」と自覚したら(自覚して病院に行ったら)、

ようやく治りはじめたという話です。

 

で、仕事でも大事と思ったのは、

依頼してくれた人の想いをよくよく受け止めて、

自分の言葉で応えるんだという自覚(今さら何をと言われそうですが)。

いま書いたコピーはこういうところが足りないなーという自覚。

いま書いているコピーはここを狙って書いているんだなーという自覚。

 

とはいえ、その合間に無自覚と自覚を行ったり来たり、

想像と現実を行ったり来たりして、言葉をつむいでいく時間が

いちばん楽しいのですけどね。

 

それでは、また。

 

写真の「綱渡りより世渡り」は、温泉宿の脱衣所で発見したもの。

綱渡りの日々を送っていたら、この1か月後に風邪を引いたのでした。