BLOG

2015.08.31.

【10分日記】ヒーローショーは、子ども騙しじゃなかった。

10分日記、おもしろいと褒めてもらいました。
ぜひ続けてくださいとの声援を全身に浴びて(浴びた気持ちになって)
久しぶりに書きます。横田です。

 

日曜日、息子を連れてニンニンジャーショーを見に行きました。
僕がまだ小さかったころ、母親によく連れてってもらったなあ。
僕のころは、チェンジマンとかマスクマンとかライブマンでした。
そういえば、最近の戦隊の名前は◯◯マンじゃなくて、
◯◯ジャーに統一されてるな。男女雇用機会均等法かな。

 

 

ニンニンジャー

 

 

ショーのシナリオ構成は単純。ほぼ僕の頃とおんなじ。
でもね、大人になってから改めて見てみると、

よく練られてるんだなあと関心してしまいました。

 

以下ネタバレです。一応、ご注意ください。

 

まず、司会のお姉さん登場。
「こんにちはー!声が小さいぞー、もう一回!」
という古典芸能を久しぶりに見ました。

 

注意事項を簡単に説明して、
みんなで声を揃えて、
ヒーローを呼びます。

 

 

ニンニンジャー!

 

 

じゃじゃじゃじゃーんで登場!悪役が。

焦らすねえ。

悪役がひとしきり会場を脅した所で、
ニンニンジャーが駆けつけます。

 

でも、まだ焦らす。
5人の中でも人気が高いであろう赤と青は出てきません。
昨日、最初に出てきたのは、黄色と白。

 

ある程度戦って、ヒーロー劣勢になったところで、
満を持して、赤が登場。僕もちょっとテンション上がりました。

 

必殺技を華麗に決めて、敵キャラをやっつけるんですが、
なんだかんだで復活。なんだかんだでパワーアップ。

 

そのあと、さっきは出てこなかった残りの2人。
青とピンクが、敵キャラと戦います。
で、なんだかんだでヒーローが負けます。

 

そして、5人が結集するものの、
復活と強化を繰り返した、敵キャラは手強く、
大ピンチ。

 

ここで、最初のお姉さんの声が、どこからともなく。

 

みんなでニンニンジャーを応援しよう!

 

 

がんばれー!ニンニンジャー!

 

 

すごい。子どもたちの声援がすごい。
途中ちょっと飽きてた息子も、大声で応援してる。
なんだ、この力は。
でもね、僕も子どもの頃はしっかり応援してたんでしょうね。

 

ここからは、ニンニンジャーの見せ場の連続。
(そこそこ)華麗なアクションシーンから、
(そこそこ)派手な必殺技を決めて、
見事敵キャラを蹴散らしたのでした。

 

ニンニンジャーをなかなか出さず、
出てきたあとも、なかなか5人揃わない、
この徹底した焦らしっぷり。

 

中盤には敵キャラのみの登場シーンを長く取って、
印象と怖さを強く刷り込む。
この下地があるから、ニンニンジャーが敵をやっつけた時に、
爽快感と盛り上がりを味わえる。

 

計算されつくした構成なんだなあ、と
25年ぶりのヒーローショーを堪能したのでありました。

 

 

★10分日記とは、横田による、 構想・執筆・推敲をトータル10分位内で仕上げてしまう日記。

…ということを前提に、おおらかな心でお読みください。